空き家バンク制度とは?

宇佐市内にある空き家を地域活性化のために紹介する制度で、空き家に住みたい方に対し、空き家の物件情報を紹介しています。
物件の契約に関する条件については、二者間の直接交渉となり、市は一切、交渉には関与をいたしません。

空き家バンクの流れ

空き家を売りたい方、貸したい方

  1. 「空き家等情報登録申込書」を記入し、市に提出します。
  2. 申込書に基づき、市ホームページ等で物件の情報を公開します。
  3. 空き家の内部を見たい方がいる場合、市職員の同行のもと、空き家の案内を行っていただきます。
    ※市職員に空き家の案内を任せる場合は、鍵をお預かりさせていただきます。
  4. 利用登録者が交渉を行いたい場合、交渉者より連絡がありますので、双方にて交渉を行ってください。
  5. 契約の成否を市に連絡します。 ※物件の掲載を取り下げたい等場合も市にご連絡ください。

空き家を買いたい、借りたい方

  1. 物件の案内(内見)を受けたい場合は、「空き家情報利用希望者登録申込書」を記入し、提出します。
  2. 案内を受けた物件が気に入り、所有者と交渉を行いたい場合は、お住まいの市区町村にて、「市区町村民税等の滞納のない証明書」 を取得し、提出します。
  3. 空き家の所有者と直接交渉を行います。 ※交渉を希望される方が複数いる場合は、同時に交渉を行っていただきます。
  4. 契約の成否を市に連絡します。

※対象の住宅に住居が決まった場合、地域の方(まちづくり協議会等)との面談を行っていただきます。

ダウンロード

農地権利移動について

平成29年1月より、空き家バンク登録物件に付随する農地については、1アール(100平方メートル)からの取得が可能になりました。 詳しくは下記ページをご覧ください。

詳しく見る