2018年12月11日 交流記事

平成30年度第2回 移住者交流会を行いました!

12月9日(日)寒空のなか、第2回移住者交流会が大分農業文化公園で行われました。移住した先で庭に果樹がある方も多いと思いますが、どのように手入れしたら美味しく頂けるのかをプロの先生に教えていただきました。

参加者12名が3つのグループに分かれて柿の木をそれぞれ剪定しました。

理屈ではわかっているけど、実際にやってみると、どの枝を切ったら良いのか、残すべきなのか悩みながら皆さん奮闘していました。

最後に、どこを気を付けながら剪定したかを発表。そして、先生から「ここは、もっと切った方が陽が当たる。」とか「ここを切っておいたら来年この方向から枝が生え、実がつく。」など教えていただきました。さらに、剪定ばさみの正しい使い方も習得しました。剪定の後は、暖かい室内でお菓子を食べつつ珈琲タイム。お互い初対面の方が多く、知り合う良いきっかけになったかと思います。