住む情報

  • 空き家情報
  • 分譲地情報
  • 市営住宅情報
  • インフラ

働く情報

  • 雇用・就労情報
  • 農業

移住体験情報

  • 空き家・田舎暮らしおためし事業
  • グリーン・ツーリズム
  • 交流体験

移住者の声

  • 先人移住者の体験談

移住コンシェルジュ

  • 集落定住支援員
  • 地域コミュニティ組織
  • 募集案内

リンク

  • 宇佐市ポータルサイト
  • JOIN ニッポン移住・交流ナビ
  • ふるさと回帰支援センター
印刷用ページ 印刷用ページ

小規模集落への支援活動

2013/6/21 09:56     by staff

小規模集落とは

 過疎化・高齢化が進む大分県内では、中山間地等の条件不利地域を中心に、人口減少等に伴う集落機能の低下や諸問題の発生が懸念されており、大分県では、高齢化率(高齢者の占める割合)が50%以上の集落を「小規模集落」と呼んでいます。

 集落の衰退は、そこに住む住民の生活はもちろんのこと、県土の保全や水源涵養、守るべき農村景観への影響など多面的な観点からも見過ごすことのできない重要課題であるため、大分県として全庁をあげて取り組んでいます。また、市町村はもとより地域を支える様々な団体等とも連携しながら、住民が集落に安心して住み続けるための対策を検討・実施しております。

 

 ①草刈り支援

山間部には、頂上付近に2世帯、高齢者一人暮らしで、高齢化率100%の集落もあります。生活道路が草木で覆われると道路が寸断され孤立してしまいます。しかし、高齢者だけで山頂から町までの道を草刈りすることはできません。そのような小規模集落を小学校区として支えて行こうというまちづくり協議会の活動に賛同して、ともに草刈りなどを行います。

 ②声かけ

基本的には、まちづくり協議会の取り組みの中で行われ、隊員が地区内の高齢者宅に声かけを行うということはありませんが、個人的に高齢者世帯に出向き、声かけやお食事等をご一緒させていただいております。

Tags: