住む情報

  • 空き家情報
  • 分譲地情報
  • 市営住宅情報
  • インフラ

働く情報

  • 雇用・就労情報
  • 農業

移住体験情報

  • 空き家・田舎暮らしおためし事業
  • グリーン・ツーリズム
  • 交流体験

移住者の声

  • 先人移住者の体験談

移住コンシェルジュ

  • 集落定住支援員
  • 地域コミュニティ組織
  • 募集案内

リンク

  • 宇佐市ポータルサイト
  • JOIN ニッポン移住・交流ナビ
  • ふるさと回帰支援センター
印刷用ページ 印刷用ページ


ここには田舎の原風景がある院内町高並谷地区 輿水夫妻

別府・大分で日本料理のお店を45年間経営し、自らも厨房に立たれていた輿水さん。お子様にお店を譲り、大分県を中心に田舎暮らしのための家さがしを始める。NPO法人院内町活性化協議会の紹介で現在の家に出会い移住。院内での生活も3年目にはいる。母屋の隣にある元馬小屋を1年近くかけてご自身で改装しお店をオープン。奥様と営んでいます。

 


<移住のきっかけ>

 ずっと里山や田舎の文化や風景が好きだったので、陶芸など好きなことを

しながら年金暮らしをするつもりでした。安心院にとてもいい景色のとこ

ろがありますが院内の雰囲気もとても気に入りました。ここには日本の田

舎の原風景があると思います。


<生活>

 今は店にいることが多くなり以前ほどは出歩けなくなりました。趣味でハ

ーモニカの演奏をしますが結婚式や老人ホームから声が掛かりボランティ

アで月に3・4回出演しています。道の駅まほろばでの出張演奏を聴いて、

店まで訪ねてくれる方もいました。鶏を飼ったり畑もしています。

5月からは安心院グリーンツーリズム研究会の受け入れも開始します。

店にはお客さんがぼちぼち来ますよ。地元の方がよく来てくれますね。


<仕事・自治活動>

 高並谷に来て1年で集落の班長を任されています。部落の草刈をしたり、

市報を配ったり。田舎に来たらそういうのがやっぱり大事なんですよ。集

落の人の名前も覚えるしね。近所の人とあまり交流したくないというので

はだめですね。近所隣りとよくしておかないと、都会みたいなわけにはい

かない。店を本格的に始めたのは今年(2014年)に入ってからです。これも、

NPOや地域の方たちと話す中で、院内の石橋を見に来た人がほっと一息

つける場所があってもいいんじゃないかと思って、地域活性化の一助にな

ればと古民家ギャラリーを開きました。


<移住して感じたこと>

 ここは本当に地域の人間性が良い!風景も人柄もいい。移住者に対して

「よそ者」という扱いがなくオープンですよ。朝玄関を開けると、大根が

ガバッ、白菜がドンッと置いてあったり、薪が割って束ねてあったり、い

まだに誰が置いてくれているのか分からないものもあるけど(笑)有難いこ

とですよね。これがやっぱり田舎の温かみ。とくにここ高並谷地区は焼き

物・竹細工・染色・踊りなど芸を持っている人が多いから、皆さん感性が

豊かで感動が多いです。人生、感動がないとね!

田舎暮らしはいいよー。田舎暮らしは最高よー。店に来たら一緒に楽しも

うや!ハーモニカを演奏して下さいと言われれば、演奏しましょう。

夜は予約があれば開けています。是非、店に立ち寄ってください。

 

「古民家ギャラリー 味蔵」 

営業時間10時半~14時,16時~19時頃

定休日 水曜日

TEL  0978-42-7055

住  所 宇佐市院内町高並123